喜びの声

きつい仕事をこなしながら鍼灸で体調管理し不妊治療で妊娠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mさんはご結婚されて3年。ご夫婦とも夜勤のあるお仕事で、体調管理にもずいぶん気を使っているようでした。他のクリニックで人工授精を7回ほどされ、湘南レディースクリニック(神奈川県藤沢市)に転院されました。体外受精をすすめられて18個採卵し、うち6個胚盤胞で凍結できました。ただし卵子のランクにはかなりのバラつきがあって、足の冷えとむくみが気になるとのことでした。

1周期目

移植前の周期に来院されました。夜勤あけのせいか、目の下のクマと足の冷えが顕著でした。仕事でからだの血とエネルギーを消耗しているためです。とにかくからだを回復させてあげる施術です。今周期はいつもより1週間長かったそうです。
この周期の鍼灸施術…2回。

2周期目

移植の周期に入ったので3日目を目安に来院していただきました。やはり前周期が忙しかったようで月経血もあっさりでした。今周期も排卵がゆっくりで、移植は月経23日目になりました。3日前と移植直後にも鍼灸を受けられ、1週間後のエコー検査では問題なしとのことでした。
しかし判定は(-)、便のゆるさが続いていたので今周期は完全にエネルギー不足でした(胃腸がしっかり働いて栄養を取りだしてくれていれば、便がゆるくなることは少ない)。
この周期の鍼灸施術…5回

3周期目

今周期はお休みで、夏バテしやすい体質なので体調管理に徹しました。
この周期の鍼灸施術…3回

4周期目

再び移植の周期になりました。プロラクチンが18と少し気になるので、11日目からテルロン服用になりました。移植の前と移植の直後もしっかりと鍼灸を施術して20日目に移植となりました。今回は志願されて良好胚を2個同時に移植されました。今回は便もゆるくなく体調はよいようでした。クリニックの看護師さんに「こんないいのを2個も戻して…、もったいない」といわれたそうです。そして判定は(+)。

6週3日目

心拍が2つ確認。双子です。

8週2日目

17ミリと18ミリに成長していた。
その後12週で卒業となりました。産院の方ですが双子だとなかなか受け入れが難しいようで、ご自身の勤め先で何とか受け入れてもらえたそうです。つわりはかなりきつくお茶漬けやそうめんがやっとの時や、お米がだんだんだめになり豆腐でやっとというときがありました。

無事に出産されますように。

陽性判定をめざして着床率をアップさせる

病院の治療に鍼灸を加えて陽性判定率を10%アップさせることができれば…,すばらしいと思いませんか?



  • 移植周期に入ったらすぐに準備をはじめる

  • 良好胚を移植しても結果がでないとき

  • 大事な胚を移植するので少しでも可能性を高めたい


移植に備えてできることはないか…,というあなたに移植周期のコースプランをご用意してあります。ご興味ありましたら下のボタンよりおいでください。当サイト内のページにジャンプします。


着床率アップ

コメントを残す

*