不妊治療

採卵周期に向けて確認しておきたい3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
採卵周期3つの確認

採卵周期に入ったら確認すること

 体外受精をすると決まったらまず採卵を成功させなくてはいけません。採卵に向けてどんなことを確認しておけばよいでしょうか。私が考えるに少なくとも以下の3つは聞いておきたいものです。

  • 最初の通院はいつ
  • 誘発方法と通院の間隔
  • 移植するのか凍結するのか

最初の通院日は?

 移植の周期の最初に通院する日はいつでしょう。だいたいが月経3日目くらいを目安に通院することになります。この頃になると脳の下垂体からFSHという卵巣を刺激するホルモンが分泌され,卵胞の成熟がはじまるのです。この時に血液検査をしてホルモンの値を調べて卵巣の状態を確認します。またエコーでも確認するクリニックもあると思います。
 FSHに関して例えば
    4~7:バッチリです
    8~   :卵巣がちょっとお疲れ気味だが十分採れます
    15~  :卵巣の働きが低下しているので今回はお休みかな
という感じになります(クリニックによって数値の基準が違うようなのでこれは目安)。
 あとエストロゲンE2の値も気にするときがあります。あまり高いと遺残卵胞といって前の周期の卵胞が残っているときがあります。このためこの周期に成熟する卵胞のスペースがとれずじゅうぶんに発育してくれないことがあります。値として50を下回ってくれればよいのでしょうか(これもクリニックによります)。
 もしお休みしましょうとなったら卵巣をお休みさせて次の周期で再チャレンジすることになります。ピルなどが処方されることもあるので卵巣をきれいにしておきます。

鍼灸でできること

 なかなか採卵がうまくいかない方には,当院は前の周期の後半から前倒しで施術をはじめるようにしています。卵胞は実はその前から前から排卵の周期に向けてぞくぞくと育ってきているからです。おそくとも月経3~5日目に1回は施術しておきたいです。理由は先に述べたようにちょうどこの頃から最後の成熟に入るからです。
 月経中なので子宮の中の古い血液と内膜をしっかり排出できるようにしてあげること。卵巣に送る血液とからだの栄養分がしっかり体内で作れるように,その製造過程をツボを使ってしっかり働くように助けてあげる。この2点がおもになります。

誘発方法は?

 採卵するための卵巣を刺激する方法です。

  • 積極的な刺激法
     ロング法
     ショート法
     アンタゴニスト法
  • マイルドな刺激法
     クロミッドのような内服薬+HMG注射
     クロミッドのような内服薬のみ
  • 完全自然周期

 年齢や卵巣機能の様子,今までの治療歴などを考慮してDr.の方からこの方法でいきましょうと提案してくれると思います。もし2択3択と選択肢を与えられてその中にあなたの気になる方法があったなら,「先生,この方法が気になるんですけどどうなんでしょう…」と伺ってみるのもよいでしょう。ただしクリニックによってやっていない誘発方法もあります。
 誘発方法によってその後の通院の間隔も違ってきて,また注射も自己注射にするのか通院して注射するのかでも変わってきます。だいたいでいいですから少し伺っておきましょう。

わたし個人の考え

 これはもし自分が女性であって排卵誘発をすることになったとします。
 もし選択肢をいろいろ与えていただけたなら積極的な誘発方法を選びます。マイルドや自然の刺激法なら卵巣にやさしいから,グレードが悪かったのは誘発剤の影響だから…と思われて弱い刺激法を選ぶ方がけっこういらっしゃいます。刺激を弱くすれば採卵数は少なく,強くすればその分未熟卵やグレードの低い卵子の発生数は増えるわけです。ただ未熟卵や低グレードの発生率はどの方法でもあまり差がないというデータを見たことがあります。積極的に刺激してたくさん採れた分,未熟卵も良質卵も混ざるはずです。良質卵も数個ある分その中から移植に適してそうなものを選ぶことができます。逆に低刺激だと数が少ない分選択できるものもわずかになります。以上のことから私だったら選べるなら積極的に,もしそれでも採れなかったら次からはマイルドな刺激法でやってみたいと思います。
 次に卵巣に水が溜まったり腫れたりするのがいや…という方がいます。これは誘発剤の影響による場合は次回から違う薬剤や刺激方法に替えることで解決するはずです。だけど刺激法や誘発剤に関係なく起きることはよくあります。なぜかというと採卵をする際卵巣に針を刺して卵子を採るわけです。その時針を刺すということは卵巣に小さなキズをつけることになります。キズがつけば炎症がおきます。炎症がおきるとからだは水をその部分に集めて冷まそうとします。水が集まってくればその部分は腫れるわけです。これが卵巣の水が溜まる腫れるメカニズムです。やがて卵巣の小さなキズは時間とともに自然治癒していきます。治癒すれば炎症もなくなるので水も腫れも引いていきます。次の周期か1周期先の頃には卵巣はもとに戻っているはずです。

鍼灸でできること

 採卵に向けて引き続き卵巣に送る血液とからだの栄養分がしっかり体内で作れるように,その製造過程をツボを使ってしっかり働くように助けてあげる施術を繰り返します。採卵予定日まで2~3回できれば…と思います。ただし採卵予定日がわかったら2日以内には私は施術しないことにしています。理由として鍼の刺激でうっかり排卵させてしまうことを防ぐためです。
 みなさんができることは採卵が済むまで無茶をしないことです。運動に関してはいつもしている内容ならやってください。むしろからだのエネルギーを消耗させたくないので疲れをためない,疲れたらはやく回復させることです。食事はいつも通りで空腹でおなかがグーグーなっている時間を作らない,食事と食事の間隔に気をつけます。

移植は?凍結は?

 採卵後に受精が確認できたらその周期で移植する場合と次の周期に移植する場合があります。両方想定しておくのがよいのですがわかるのであれば伺っておくとよいでしょう。最初の1回目はできるだけ移植してみるというクリニックもあれば,必ず凍結してからというところもあり方針はさまざまです。

鍼灸でできること

 そのまま移植となれば,私は当日の移植直後とそれから3日後に施術して判定をむかえてもらうようにしています。もし凍結するとなったら次の月経開始まで何もせず遊んでてもらうか,念を入れてすぐに準備の施術をはじめます。好きな方を選んでもらっています。
 もし採卵がうまくいかなかったら,もちろん次に向けての準備をできるだけはやく始めます。

最後に

 体外受精における採卵はとても重要です。むしろこれがうまくいけば…という感じです。わからないことや疑問に思うことは質問してみましょう。遠慮することはなくきちんと答えてくれるはずです。

 

元気な卵子を得るために5回の鍼灸施術でチャレンジ

体外受精にすすんで採卵をすることになったら,できるだけはやく準備をはじめることが重要です。



  • 少しでも確率を高めたい方に

  • 未熟卵と空胞を防ぐためにじっくり卵胞を育てたい

  • 無事に受精して凍結できる卵子が欲しい

  • 病院の排卵誘発と併行してできる

  • 加齢が気になっても必ず元気な原始卵胞が存在します


採卵をするためのコースなので,前の周期の後半からはやめに始めるのと料金が少しお安くなっているプランです。元気な赤ちゃんが授かるために,まず採卵から頑張ってみましょう。


 


5回の鍼灸で卵子をGET