不妊治療

不妊治療の体外受精移植直後に2回の鍼灸施術で頑張る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
移植後の鍼灸施術

急に決まった、何も準備してなかった…

それでも慌てないで、あきらめないで…できることをやっておきましょう。本当は子宮内膜を意識した準備などいろいろしておきたいのですが、実際のところ急にパタパタ予約が入ることが多いのです。だけどせっかくこの日のために育てておいた卵ですから、大事に大事に移植してあなたのお腹の中に迎え入れてあげましょう。

体外受精の移植後の鍼灸施術についてポイントをおさえよう

  • 移植の周期も排卵日から考える(ホルモン周期では異なります)。
  • 排卵日から2~3日後に1回施術する。
  • 排卵日から5~7日後に2回目を施術する。

ポイントは3つのうち2カ所

投稿 移植後の鍼灸施術 ポイントになるのは移植の周期のうち3か所です。体外受精の場合bとcのところで施術をしておくのが、最低限のできることです。
 aは排卵日ですが、自然周期での移植ですと排卵日から日数を計算してになります。ただしホルモン周期ですとこのような計算になりません。ホルモン周期と違って自然周期のときは採卵周期のように排卵日を確認しなければなりません。

b排卵日から2~3日後。
 新鮮分割胚ならここで移植になるはずです。まだ着床はしません。シート法やスクラッチ,2段階移植の1回目もこの頃だと思います。自然に妊娠した場合だと卵管の中で分割しているときです。このとき受精卵は分割しながら子宮に向けて何らかのシグナルを出して、内膜に着床の準備をさせているそうです。詳しいメカニズムは判明していないようなのですが、シート法などをこのときにするのはこの説から成り立っているようです。
 したがって鍼灸施術も子宮内膜を意識したものになります。全身の血液を養ってとくに骨盤内に向かう血流の改善を狙います。そうすることで子宮内膜をふかふかにし、子宮ミルクで潤った状態になれば占めたものです。
c排卵日から5~7日後。
 胚盤胞までに成長していて孵化し、ふかふかに潤った子宮内膜に着床の態勢に入るころです。凍結胚盤胞ならここで移植になります。子宮内膜はすでに準備が整っているので、あとはしっかりくっついてくれるかどうかです。人間のからだの中にはものを引っ付けたり固定させる力が備わっています。この力は筋肉や骨の関節をつなげたりしていて、もちろん胚が子宮内膜に着床するのもこの力によるものです。
 施術はこの力を利用して子宮内膜に着床させるよう、めいっぱい引き上げてあげます。

 その後1週間くらいして判定日をむかえます。陽性判定(+)げでた場合、当院では産院に移るころまで安胎の施術をしています。8週くらいまでは1週間ごとに病院で診察があり、その後2週間ごとの産科検診に移るので9~12週くらいで卒業になります。

詳しくは 

時間がしっかり作れる方はスケジュールをしっかり組んだコースがおすすめ 

まとめ

  • 準備不足でもポイントをしっかりおさえて確率をあげよう。
  • 排卵日から数えて2~3日後と、5~7日後である。
  • 子宮内膜を調整してあげるような施術と、内膜にしっかり着床することを狙った施術をする。
  • タイミングやAIHのときもだいたい同じような考えである。

神奈川県藤沢市「不妊鍼灸子宿りのはり」はり・きゅう院Saras湘南は藤沢駅南口徒歩2分。

移植が決まりましたらすぐにお電話ください。 0466-86-5861

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

移植や人工授精が急に決まったとしてもぜひ慌てないで

人工授精や体外受精の移植の日程が急に決まることがあります。



  • 月経周期が安定していない

  • 基礎体温が不安定やおりものなどが少なく排卵日が掴みにくい

  • 卵胞の成長や子宮内膜の肥厚が比較的ゆっくりな周期

  • 採卵の後に新鮮胚での移植が決まった


こんなときからだの準備が間に合わなくても,あきらめずにできることを少しでもやってみませんか。下のボタンからサイト内のページに移動して,こんなときの対策をご提案してあります。


移植と人工授精の緊急対策

コメントを残す

*